page contents
MENU

ユベントス2018の戦術はロングボール?!  vol.1

サッカー素人しましまです!!!

 

 

ボヌッチが戻ってきたり、エムレカン、そしてクリスティーアーノ・ロナウドが来た2018の最新ユベントスの戦術を見ていきたいと思います!!!

 

 

セリエA第3節9/5 パルマ戦 フォーメーションは、433でした。GKシュチェスニー、DFはクアドラード、ボヌッチ、キエッリーニ、サンドロ、MFはケディラ、ピャニッチ、マテュイディ、FWはベルナルデスキ、マンジュキッチ、ロナウドです!!!

f:id:simasimayube:20180906055215p:plain


 

パルマは自陣では442の守備ブロックを作ります。

 

 

 

 

それに対するユーベは、基本的にSBをあげてパルマのウイングを押し込みます。すると、44のパルマのブロックがズルズル下がり簡単にボールを運べました。

 

ユーベの上がったSBの位置にはCMが入ります。そして、CB間にはピャニッチが入ります。

 

f:id:simasimayube:20180906054957p:plain

 

そうなるとパルマの44のブロックの外側にユーベ人数が割り振られていると思います。そうすることでポゼッションは出来ます。

 

 

 

攻撃の時のスイッチは、空いているSBにまずパスします。(どのチームも片方のSBにはプレスをかけません)味方も相手もサイドに誘ったら、フリーの逆SBがオバーラップし、そこにロングパスします。この動きは、サンドロ、マテュイディ、クアドラードが上手いです。高い位置にユーベのSBが上がるのでパルマはSBが対応し釣られて外に出て行きます。

 

そうすると、中ではCB2枚とSB1枚、ユーベはCR7、マンジュキッチ、ベルナルデスキが待っているので3:3の状況が出来ます。そこにクロスを上げるだけです

 

f:id:simasimayube:20180906055224p:plain

 

1点目は、マンジュキッチでしたがきちんとSBと背っていました。CBよりSBのが小さいので競り勝てる確率が高くなります。クロスを上げたクアドラードもファーのSB裏にあげたので、SBはボールとマンジュキッチを同時に見ることが出来ませんでした。

 

 

 

ここまでで前半の3分ですっっ!!!

 

 

長くなるので次回に続きますっっ!!!

 

コメント待ってますっっ!!!